1950年 市民球団として広島カープが発足。セ・リーグに参入。


1957年 旧広島市民球場完成。


1968年 東洋工業の松田恒次社長が筆頭株主となり、初代オーナーに就任。球団名が広島東洋カープとなる。この年初のAクラス入り(リーグ3位)。


1975年 初のリーグ優勝。シーズン途中で辞任したルーツ監督に代わって指揮を執った古葉監督が宙を舞う。


1979年 2度目のリーグ優勝。そして初の日本一。


1980年 リーグ2連覇。2年連続日本一を達成。「赤ヘル軍団」と呼ばれた山本浩二、衣笠祥雄、高橋慶彦たちが躍動し、黄金時代を迎える。


1984年 4度目のリーグ制覇。優位を予想された阪急ブレーブスを破り、3度目の日本一。


1986年 5度目のリーグ制覇。8戦目までもつれた日本シリーズでは西武ライオンズに敗れ、日本一は逃す。


1991年 ミスター赤ヘル 山本浩二監督が6度目のリーグ優勝へ導く。日本シリーズでは、西武ライオンズと5年ぶりの再戦となったが、またも敗退。


1998~2012年 15年連続Bクラス。この時期を多くのファンが「暗黒時代」と呼ぶ。


2009年 マツダスタジアム完成。


2011年 関東で行われるカープ戦の観客動員数が伸び始める。後に言葉として定着する「カープ女子」が増え始めたのはこの頃と推察されている。


2013年 野村謙二郎監督が率い、16年ぶりのAクラス入り(3位)。クライマックスシリーズ初進出。NHK『ニュースウォッチ』にて、首都圏でカープファンの若い女性が増加している現象を報じ、彼女たちを「カープ女子」として紹介する。


2016年 25年ぶり7度目のリーグ優勝。前年、ファンから壮絶なダメ出しを喰らった就任2年目の緒方孝市監督が胴上げ監督となる。日本シリーズでは二刀流・大谷翔平を擁する日本ハムファイターズに敗退。この年の交流戦(vsオリックス)で、2戦連続サヨナラホームランを放った鈴木誠也に対し、緒方監督が発した「神ってる」が、流行語大賞となる。


2017年 37年ぶりのリーグ連覇を達成。悲願の日本一達成へ向けて万全かと思われたが、クライマックスシリーズで3位の横浜ベイスターズに下剋上を果たされ、日本シリーズ出場が叶わず。


2018年 リーグ三連覇を達成。セリーグでは、読売ジャイアンツ以来。日本リーズでは、パ・リーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち上がってきた福岡ソフトバンクホークスに敗退。


2020年 球団創設70周年を迎える。