カープ女子はなぜ嫌われるのか?

今さら“カープ女子”なんて全然タイムリーじゃないけど、このサイトのタイトルにも思いっきり使ってるワードだし、うっかり取り上げちゃいます。

カープ女子はつらいよ?

わたしの周囲にはカープファンどころか、野球ファンがいません。なので、私がその層と交流するのはほぼtwitter上なんですが、カープ女子の皆さん(凛子含む)は、なかなかの嫌われっぷりです(笑)。
誰から嫌われているかと言うと、男性野球ファンから嫌われています。

好意的に眺めてくれている方々も、野球ファンとして自分たちと同じカテゴリーに属しているとは思っていません。「〇〇くんが打ったよ、良かったね~」みたいな、雛鳥をあやす目線で軽んじながら優しく見守っています。

なぜ男性野球ファンはカープ女子が嫌いなのでしょうか?

男性野球ファンを「他球団ファン」と 「カープファン」の2つに分けて考察させていただきます。

他球団ファンがカープ女子を嫌いな理由

凛子が愛してやまない『水曜日のダウンタウン』でもカープ女子に関する説が取り上げられたことがあります。

テーマは「にわかカープ女子、山ほどいる説」

巨人戦後の水道橋駅や周辺の居酒屋で、赤いユニホーム姿の女性たちに番組スタッフがインタビューを試みます。

スタッフ「野球の9つのポジションは?」
カープ女子A「ピッチャー、バッター…」

スタッフ「野球は1チーム何人で行う?」
カープ女子B「11人」

スタッフ「現在のカープの監督は?」
カープ女子C「えっ誰?」

などなど…。期待通りのカープ女子っぷりが炸裂しました。

カープ女子は「にわか」だから嫌われるのでしょうか? 
では「オレンジガール」は? 「鷹ガール」は? 「オリ姫」は? 他球団の女性ファンもにわか度は同じようなもの(凛子調べ)。

だけどカープ女子だけ別格でバカにされている(=嫌われている)ような気がします。

それはなぜか? 

それは彼女たちがカープファンだからです!

NGワード満載のこのTシャツを今着るのも
空気読めないカープ女子っぽくて良い

金欠ローカル球団の分際で

最近のカープ(&カープファン)は他球団からむちゃくちゃ嫌われる傾向にあります。けど、カープってもともとは他球団ファンからも一目置かれることが多い球団じゃありませんでした?

  • お金も人気もないのに…
  • 弱いのに…
  • せっかく育てた主力を金満球団に取られてもめげることなく…
  • 育成を頑張っててえらい!

そんな背景が他球団ファンの胸を打っていたはず。
しかし今は…

  • お金も人気もある
  • 強い
  • せっかく育てた主力を金満球団に取られたけど、他にも良い選手むっちゃいる
  • 育成を頑張っててうざい!

に変貌し、さらに女までごっそり囲いこんで「カープ女子」とかなんとか名付けて楽しそうにやってる!今まで圧倒的に「下」に見ていた、貧乏で腕力もない田舎者が、突如成り上がってオシャレになって、地元だけじゃなく関東の女まで持っていっちゃった。

カープ女子が嫌われる理由は、自分たちよりも「下」にいた田舎者になびいた女に対する風当たり、ということではないかと推察するのです。
あんな奴どこがいいの? あいつらなんて本当はくそダサいのに! なんでこっちじゃなくてあっちなの? みたいな嫉妬に似た感情。

カープファンもカープ女子が嫌い

大半の男性カープファンはカープ女子を温かく見守ってくれていますが、一部は彼女たちが大嫌いです。思想の違いというか、カープに対するスタンスの違いを受け入れられない方たちです。

嫌いという感情は普段は抑えていられるのですが、カープが敗け始めるとイライラが募り「暗黒期を知らないにわか!」のような暗黒期知ってるマウンターとして表舞台(SNS)に登場します。

カープ女子は「推し選手大好き♡」「なにがあっても選手や球団の批判は許さない」が基本スタンス。

「それー審判を皆殺しじゃ」(カープ誕生物語より) の血脈を継ぐカープファンが、「森下キュン」とか「山口キュンの参観日」とか言いながら、選手の顔写真うちわを振って応援する彼女たちを受け入れられるわけがありません。

「広島カープ誕生物語」広島の人々とカープの濃密な鯉物語

ゴルフ場にゴルフではなく女子ゴルファーを見に来てるオッサンがキモいのと同じで、球場に大きなカメラを携え、白球ではなく選手を追いかけてる女性を快く思えないのでしょう。

そして何より、そういったファンが増えたためにチケットが取れなくなる、という状況が生まれています。これはもう嫌いになって当然。と、いう凛子も彼女たちの基本スタンスがたまらなく苦手でtwitterで口撃的なツイートをしたことあります(ごめんなさい)。

さらに、兼任ファンという新種が火に油を注ぎます。なんとGとの兼任という許されざる行為(←個人的意見です)を犯す“カ―プ女子”もいるため、彼女たちを蛇蝎のごとく嫌うカープファンも少なからず存在するのです。

では、このようなスタンスの違いがカープファンがカープ女子を嫌う理由かと言えば、少し違うと思っています。これらは、嫌いになるトリガーではありますが、本質的な理由は「寂しさ」ではないかと思うのです。

あの頃、カープを支えていたのは間違いなくワシらだった。なのに、今フォーカスされるのは彼女たち。マスコミも彼女たちを取り上げ、選手たちも自分らに応援されるより嬉しそう。「ワシらの役目は終わってしもーたのう」そんな応援席の主役を奪われた寂しさから来る怒りがあるんじゃないでしょうか。

カープが人気球団である限り、カープ女子は嫌われ続ける

高橋慶彦さんが躍動していた第一次黄金期、『ヨシヒコガール』と呼ばれる“元祖カープ女子”が存在したと聞きます。彼女たちは嫌われたのでしょうか? 「ルールを知らない」とか「創設期の苦労を知らない」などと揶揄されたのでしょうか? いや、きっとそんなことなかったと思います。

だって、カープは金欠ローカル球団だったから。他球団ファンから温かく見守られ、強面のカープファンから「ありがたいのぉ~」と目を細められていたに違いない、と凛子は妄想するのです。

カープが現在の人気をキープする限り、金欠ローカル球団からの成り上がりの象徴たる“カープ女子” は内外から嫌われ続けるでしょう。覚悟はできてるよー。

<了>

Profile|プロフィール

凛子
凛子
東京都出身。幼い頃、父親の隣りで野球中継をボーっと眺めてるうちにルールを覚え、父親がボロクソ言いながらも応援していた赤い球団を愛するようになりました。東出ラブなJs時代を経て、ちょっぴり遊びを覚えたJc~Jk~Jd時代は野球への興味が薄れ球団愛も下火に…が、就職を機に真っ赤に再燃。交友関係にカープファンどころか野球ファンが一切いないという環境にも負けず、鯉に恋する毎日を送っています。