コロナ禍におけるカープの球団収益を勝手に心配してみる

今日は2020年4月2日です。

これを書いている時点では、まだ非常事態宣言は出されておらず、外出も(東京では)“自粛要請”ということで強制的な外出禁止措置は取られていません。

一昨日、3月30日には、日本の笑いの象徴・志村けんさんがコロナ肺炎によって亡くなるという衝撃的なニュースが流れ、国民に動揺が走りました。私にとってもその死はあまりにもショッキングで、悼み、哀しみとともに、改めて渦中の “当事者”なんだと気づかされた、そんな気持ちです。

プロ野球は開幕のメド立たず

…と、なんだか人類滅亡後、時を経て発見された日記風の書き出しとなりましたが、今シーズンのプロ野球については、いまだ開幕のメドが立っていません。

本来であれば今頃、スタートダッシュを決めたチームや早くも暗雲立ち込めるチームが入り乱れ、ネット上でもファンの怒号や高笑い、知ったか野郎のうんちくなどが飛び交っていたはずなんですが…。

今シーズン全試合中止の場合、球団経営は成り立つの?

凛子は、4月に東京ドームと神宮球場で2試合づつ観戦の予定でしたが、いずれも中止。6月には、Mazdaスタジアムでvs 楽天を観戦予定ですが、今のところそれが叶うかどうか分かりません。

正直、今シーズンはもう全試合中止でもやむを得ないんじゃないかと思ってます。

ただ、その場合、選手のモチベーションや能力の維持。
そしてなにより球団の収益をどのように確保すれば良いのでしょうか?

本当に全試合中止となれば、入場料収入57億9500万円(昨年度実績)がまるまるなくなります。
さらに「放映権料」もなくなり、「スポンサー・広告収入」も激減するでしょう。

ざっと見積もって100億円の収入減が見込まれるわけです(←ざっくりだけど概ね間違ってない気がする)。
さあ、これをどうやって補填しましょうか?

カープの収益減をリカバリーするには?

真っ先に「樽募金じゃー!」との声が聞こえてきそうですが、今の時代、球団存続のために「募金してください」はあり得ない。
『クラウドファウンディング』と呼び名を変えればなんとなく成立しそうですが、100億円どころか、選手年俸の総額31億660万円にも届かないでしょう。

次に考えられるのはグッズ売り上げによる回収。一部のファンが「お布施」と呼ぶ通り、球団にとっては大事な収益源。ちなみに昨年度のグッズ売り上げ総額は36億4400万円。

グッズ作りには定評のあるカープですが、さすがに100億円の売り上げを積み上げるのは難しい。例えば3,000円のTシャツを約333万枚売り上げる必要があります(ちなみに広島県の人口281.1万人…)。

まあ、緊急支援グッズを販売すれば、ファンたちが「令和の樽募金じゃー!」とばかりに、売り上げ額100億円達成程度のがんばりはするかもしれません。

カープよ! Youtubeチャンネルを開設しよう!!

私が提唱したいのは、Youtubeチャンネル開設! カープが球団ごとYoutuberと化すのです。既にYoutubeチャンネルを運営している球団もあり、チャンネル登録数が最も多いのはジャイアンツで14.7万人(2020年4月2日現在)。

Youtubeから得られる広告収入は、0.05円〜0.1円/再生 とのこと。
仮に登録者数が10万人いて、月に30本の動画を半年間上げ続けて、それを1人1再生したとして

10万人×180本×1再生×0.1円=1,800,000円/半年

損失額100億円には遠く遠く及びません。

他球団のように「広報活動の一環」として運営しても収益的にはなんの意味もないのです。
そう、凛子がカープチャンネルの開設を唱える、その目的は「世界制覇!」

カープが世界を制する日

以前からソフトバンクホークスの孫さんは「世界一の球団を目指す」と公言されています。
「世界一の球団」とは、もちろん「世界で一番野球が強い球団」ということでもあるけど、人気・資金力においても「世界一」を目指す、ということ。

カープも目指そう! 足がかりとしてYoutubeチャンネルの開設。
広島ローカルから全国区へ人気の間口を広げることに成功したカープの次なる目標は世界だ!

  • 忍者好きの外人にとって、菊りんの守備はたまらんでしょ!
  • 目の肥えたベースボールファンなら誠也がいかに魅力的な選手か一目瞭然でしょ!
  • 育成から這い上がったドミニカンの活躍は多くの国の子どもたちに夢を与えるでしょ!
  • アンパンマン…は、世界的な知名度ないんだっけ?

英語・スペイン語・フランス語・中国語などなどの多言語ナレーションをつけて、スーパープレイ集、名場面集、オフショット、そして“樽募金”に象徴される球団の味わい深きヒストリーを世界に向けて発信! 
フーリガン要素のある欧米向けに往年のファン乱入シーンを見せるのもあり…?

世界中を真っ赤に染めて、グッズを各国仕様で世界展開。
3大ネットーワークのいずれかと放映権数百億円で契約。
その資金力を背景に大物メジャー選手と契約して、人気・注目度は世界規模で雪だるま式にふくれ上がって…。

って、ダメだこれ。そもそも今シーズンの損失を近々に補填する案じゃなきゃ。
数年がかりのプロジェクトになっちゃった…。

カープにもファンにも「いつも通り」の日々が戻ってきますように

先が見えないコロナ禍の中、今年のプロ野球はどういう展開になるんでしょうか。
凛子の妄想はさておき、賢い方々がより良き対策を講じていただければ幸いです。

早く宮島さん唄いたいよーーー

※2020年4月4日追記 カープチャンネル開設されました! 奇しくもこの記事を公開したのと同時期のタイミングで Σ(゚д゚lll)

広島東洋カープ公式

<了>

Profile|プロフィール

凛子
凛子
東京都出身。幼い頃、父親の隣りで野球中継をボーっと眺めてるうちにルールを覚え、父親がボロクソ言いながらも応援していた赤い球団を愛するようになりました。東出ラブなJs時代を経て、ちょっぴり遊びを覚えたJc~Jk~Jd時代は野球への興味が薄れ球団愛も下火に…が、就職を機に真っ赤に再燃。交友関係にカープファンどころか野球ファンが一切いないという環境にも負けず、鯉に恋する毎日を送っています。